トップアスリートによるパフォーマンスのメイン画像

トップアスリートによるパフォーマンス

LENOIR the Dark Side of Cirqueのパフォーマーによる衝撃の演技の後は、シークレットゲストとして「Red Bull BC One 2013 World Final」に出場したブレイクダンサー・TAISUKE率いるフローリアーズと、「Red Bull Street Style World Final 2012」で優勝したフリースタイルフットボーラー徳田耕太郎の4名が異色のコラボレーション・パフォーマンスを披露。

img_performance01
img_performance02
img_performance03

フリースタイルフットボール : 徳田耕太郎
中学校1年生当時に『NIKE フリースタイルフットボール』という本に影響を受けてフリースタイルフットボールを始める。15歳から愛媛県よりパフォーマンス活動を開始し、フリースタ イルフットボールチーム「Team-Lingo」のリーダーとして日本国内や海外の数々の大会に参加。「Red Bull Street Style World Final 2012」で最高のパフォーマンスを魅せ、念願のワールドチャンピオンとなる夢を叶える。また日本国内では、全国各地でフリースタイルフットボールの普及活動やパフォーマンス活動などを展開している。

ブレイクダンサー : TAISUKE
「Red Bull BC One 2008 World Final」では日本代表として参戦し、日本人初の準優勝を収める。現在も”BBOY TAISUKE”個人としても、所属するクルー”THE FLOORRIORZ”としても世界一にもっとも近い日本人と言われており日本、いや世界のBREAK DANCEシーンに影響を与える程の人物となっている。

  • LINEで送る